過去の連載「やまと(倭)古代国家の黎明」和 邦夫

第20回/7世紀初頭に前方後円墳が終焉

2014年03月03日 税のしるべ

4世紀後半から5世紀前半には、葛城、吉備、上毛野(群馬)、九州など各地で大きな前方後円墳が造られている。 しかし、5世紀後半になると畿内の大王の墓を除いて墳丘長150メートル以上の大前方後円墳は見ら…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

国税庁3
ページの先頭へ