過去の連載「やまと(倭)古代国家の黎明」和 邦夫

第19回/3世紀頃は聖俗二重王制との見解も

2014年02月24日 税のしるべ

水野正好氏は、崇神の即位年(甲申年)、没年(戊寅年・ボイン)に該当する西暦年を264年と318年とみて、台与の西晋への遣使が266年であることから264年に崇神が台与の摂政(男弟)になったと推測、外…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

国税庁2
ページの先頭へ