自見金融相「IFRSの〝強制適用が前提〟は問題」

2011年07月11日 税のしるべ

自見庄三郎金融担当相は6月30日、企業会計審議会の総会に出席し、改めて国際会計基準(IFRS)の適用について、実態に即した準備期間が必要であるとの認識を示した。 自見金融相は、連合から提出を受けた「…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

関連記事

ページの先頭へ