定期金(年金)に関する権利の相続税評価を見直しへ

2009年11月30日 税のしるべ

平成22年度税制改正で定期金(年金)に関する権利の相続税評価の見直しが行われる公算が高まった。現行の評価方法は、50年以上前の金利水準や平均寿命などを勘案して定められているため、現在の金利水準などを…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

関連記事

ページの先頭へ