環境省は11日、これまで明らかにしていなかった平成22年度税制改正に向けて要望している地球温暖化対策税の課税の仕組みや税率を公表した。すべての化石燃料に対して輸入者、採取者、製造者などの上流段階で課税し、税収は総額約2兆円を見込む。産業界...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成21年11月23日号

平成21年11月23日号