個人が太陽光発電設備を設置し、固定価格買取制度に基づいて売電収入を得ている場合、設備を家事用資産として使用し、その余剰電力を売却している収入や事業として行われていない全量売電による収入は、雑所得に該当する(7月28日号4面参照)。この雑所...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成26年8月11日号

平成26年8月11日号