電子ブックビュー

連載「注目の一冊

消費税インボイス制度の実務とQ&A/池永 晃造 編著

2021年09月27日 税のしるべ 無料公開コンテンツ

 平成元年の消費税導入後、最も大きな改正となるインボイス制度の発行事業者登録申請が10月より開始される。

 各事業者においては、通常の売上のみならず、対価の返還等を含めて多岐に亘る取引場面を想定しながら、請求書等を全般的に見直す必要がある。

 レシートを含む請求書、取引明細書などを総点検し、インボイスの要件を満たしているか、制度開始を機に電子インボイスを導入するか、免税事業者との取引や売上税額、仕入税額の計算はどうするか等、広範な準備を円滑に行うために欠かせない一冊。

 「仕入税額控除方式の見直し」「インボイス発行事業者の登録」「インボイス発行事業者の交付義務等」「インボイスの記載事項等」「仕入税額控除の要件等」「インボイス制度下の税額計算等」などの各章で構成している。

 必読の「消費税の仕入税額控除制度における適格請求書等保存方式に関する取扱通達(いわゆるインボイス通達)逐条解説」も収録。

 A5判、416ページ。定価2200円(税込み)。

 申し込みは、(一財)大蔵財務協会販売局(℡03―3829―4141、FAX03―3829―4001)。

ページの先頭へ