過少資本税制の適用巡り地裁判決、著名ファンド創設者から出国直前に借入れ受けるも貸付者は「国外支配株主等」に該当

2020年09月11日 税のしるべ

(令和2年9月14日号1面の記事)著名ファンドを率いていたX氏が海外へ移住する直前に内国法人に年利14・5%で164億円を貸し付け、同社は借入金の支払利子を損金に算入して平成23年11月期と24年1…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

関連記事

ページの先頭へ