今回は低廉譲渡等を解説します。


1 低廉譲渡・低廉供与

 損金算入の規制対象となる「寄附金の額」は、法人が資産の譲渡や経済的利益の供与を時価相当額より低額で行った場合も含みます(法人税法37条8項)。
 ただし、実質的な贈与や無償の...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

令和元年8月26日号

令和元年8月26日号