沖縄・公益社団法人那覇法人会(大城勇夫会長)は3月12日、地域社会貢献活動の一環として那覇市のパシフィックホテル沖縄で特別講演会を開催した。会員や市民ら約520人が会場に詰め掛けた。
 講師はジャーナリストでミュージシャンのモーリー・ロバートソン氏=写真=で、テーマは「これだけは言っておきたい!世界の中の日本の現状」。
 モーリー氏は、めまぐるしく変わる世界の動向や日本の現状と今後の関わり方などについて、メディアでは伝えられない裏話を交えながらグローバルな視点で分かりやすく解説。また、少年期に受けた日本とアメリカの学校教育の体験を基に、日米双方の教育方針などの違いをユーモアたっぷりに紹介した。
 参加は無料だったが、沖縄県社会福祉協議会にタオルを寄贈するため、来場者に未使用タオルの持参が呼び掛けられ、約100本が集まった。

平成31年4月8日号

平成31年4月8日号