笹沢佐保の代表作『木枯し紋次郎』は、"股旅もの"と呼ばれる。渡世人の世界に足を踏み入れた男たちが主人公だ。
 このジャンルの小説には、村上元三の『次郎長三国志』、子母澤寛の『国定忠治』、長谷川伸の『沓掛時次郎』など、昔から演劇・映画化され...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成30年12月3日号

平成30年12月3日号