徳川家康は鷹狩りが好きだった。飼いならした鷹を放ってウサギやキツネを捕えさせる狩りである。ある日、家康は鷹狩りの帰り道、静岡市にある清見寺に立ち寄り、一人の少年と出会った。土屋忠直である。家康は忠直に「そなたがあの片手千人斬りといわれた土...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成30年6月11日号

平成30年6月11日号