栃木県内の小売酒販組合は、4月が未成年者飲酒防止強調月間とされていることから県内の7組合のうち6組合で同キャンペーンを実施した。各地のキャンペーンでは、小売酒販組合のほか、酒造組合、卸酒販組合の組合員らと、地元の高校生、税務職員、警察官ら...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成30年5月28日号

平成30年5月28日号