Q27
 遺贈の目的物に問題があった場合に関して、どのような改正がありましたか。

A27
 現行法では、遺贈の目的物が通常備えるべき性状を備えていない場合、相続人等は代替物を給付することが可能である限り、受贈者に対して、代替物を給付する必...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成30年4月9日号

平成30年4月9日号