江戸川乱歩は、商社員、古本屋、新聞記者など数多くの職を経て、大正12年『二銭銅貨』によって鮮烈なデビューを果たす。初期には『D坂の殺人事件』など卓越した着想を主眼とする本格探偵小説を発表し、のちに『黒蜥蜴』『陰獣』などの怪奇と幻想、異常心...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成29年10月23日号

平成29年10月23日号