樋口一葉は24年間の短い生涯のほとんどを「本郷界隈」で過ごした。東京大学の赤門前の「桜木の宿」と名付けた家での少女時代の5年、父が亡くなり母と妹の3人で暮らした本郷菊坂町での3年、名作を次々と書き終焉の地ともなった丸山福山町の2年である。...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成29年10月16日号

平成29年10月16日号