千葉・成田税務署は6月20日、SGH(スーパー・グローバル・ハイスクール)に指定されている成田国際高校で、長年にわたり国際課税に携わってきた小川廣明署長が講師となり、「現代社会の諸課題~国際的租税回避~」と題して主体的・対話的に深く学ぶ「アクティブ・ラーニング」による租税教室を開催した=写真。
 SGH指定校とは、文部科学省が高校等におけるグローバル・リーダー育成に資する教育を通して、生徒の社会課題に対する関心と深い教育、コミュニケーション能力、問題解決力等の国際的素養を身に着け、将来、国際的に活躍できるグローバル・リーダーの育成を図ることを目的として指定した学校のこと。
 生徒たちは、小川署長による国際的租税回避についての分かりやすい講義を受講した後、各グル―プに分かれて租税回避の問題点について活発な意見を出し合いながら検討し、発表を行った。
 参加した生徒は、「なかなか自分一人では考えたり、知ることができないことなので、大変貴重な経験になりました」と感想を話していた。

平成29年7月31日号

平成29年7月31日号