明治時代の北海道開発を担ったのは開拓使である。その開拓使には新撰組の生き残りが数名いた。加納通広、阿部隆明、足立民治、前野五郎、三井丑之助である。このうち三井は常陸国(茨城県)出身。土方歳三の隊士募集に応じて江戸で新撰組に入り、鳥羽伏見の...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成29年4月24日号

平成29年4月24日号