過去の連載「どさんこのルーツを求めて」苗字研究家・岸本良信

第140回/群馬県⑥、伊豆市の狩野茂光の末裔

2015年02月09日 税のしるべ

狩野さんも群馬県に多い。読み方は「かの」「かりの」が多く、「かのう」は少数派である。北海道へ渡った家もあるが、こちらは大半が「かりの」と読ませている。 そもそも北海道の家は苗字を文字の通りに読むこと…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

ページの先頭へ