例年、税制改正は、12月中旬の税制改正大綱の公表により年度改正の全容が明らかになりますが、今般の衆議院の解散総選挙により「27年度税制改正大綱」は、来年1月の早い時期となる情勢となっています。
 本セミナーでは、27年度改正に向けて議論されている法人実効税率の引下げとその代替財源の確保策としての欠損金の取扱いや外形標準課税の見直しなどの法人税改革が注目されるほか、租税特別措置の見直しなど多岐に亘る改正項目が見込まれる「27年度税制改正大綱」について、実務家の皆様に改正内容をいち早く最新情報を提供するとともに税務実務に役立つよう解説をいたします。

【日 時】
平成27年1月30日(金)13:00~16:30

【会 場】
中央大学駿河台記念館
(東京都千代田区神田駿河台3-11-5)

【講 師】
税理士・中村慈美(法人税)
税理士・松岡章夫(資産税)
税理士・秋山友宏(所得税)
税理士・渡邉正則(資産税)

【受講料】
1名につき1万円(資料代等を含む)
※「税のしるべ」「国税速報」の購読者は割引価格8000円。

【申込先】
セミナーに参加の旨、住所、氏名(会社名)、連絡先、本紙購読の有無をご記入の上、FAX番号(03―3264-2187)までお送りください。

【問合先】
一般財団法人 大蔵財務協会
TEL 03-3265-4145
※本セミナーは平成26年12月24日に開催を予定しておりましたが、開催期日と会場を変更しております。また、名古屋、大阪、福岡でも同様のセミナーを開催します。詳細はホームページでご確認ください。

平成26年12月8日号

平成26年12月8日号