法人税法では、法人の決算に基づく会計内容を所得金額計算の基礎とし、そこに種々の調整を加えることで最終的な課税対象となる法人所得を算出することとしている(確定決算主義)。これは、法人税法が企業会計に準拠する形で所得計算を行う基本的な仕組みに...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成26年10月27日号

平成26年10月27日号