消費税の軽減税率、東京税理士会などが問題点を指摘

2014年06月02日 税のしるべ

平成26年度与党税制改正大綱において、消費税の軽減税率については「社会保障と税の一体改革の原点に立って必要な財源を確保しつつ、関係事業者を含む国民の理解を得た上で、税率10%時に導入する」とされてい…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

関連記事

ページの先頭へ