国税不服審判所は6月24日、平成24年10月から12月までの裁決について22事例を公表した。相続税法関係では、「相当の地代を収受している貸宅地の評価について」通達(相当地代貸宅地通達)に定める自用地としての価額の20%相当額が、土地保有特...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成25年7月1日号

平成25年7月1日号