政府は、国際的租税回避行為に対応するため、租税条約などに基づく情報交換の枠組みの拡大と強化を図っている。
 現在、発効済みの租税条約は53あり、適用対象国・地域は64カ国・地域に増加。
 さらに新たな租税条約の締結を進めたり、既存の租税条...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成24年12月17日号

平成24年12月17日号