財務省によると、相続税の基礎控除の引き下げに伴う増収見込額は2355億円に上る。
 死亡保険金に係る非課税制度の見直しでは341億円、相続税の税率構造の見直しでは250億円の増収をそれぞれ見込んでいる。
 一方で減収項目では、未成年者控除...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成23年1月17日号

平成23年1月17日号