公認会計士制度に関する懇談会(座長=大塚耕平内閣府副大臣)は7月30日、中間報告書をまとめた。最も注目されていた、論文試験に合格しても公認会計士の資格を取得することができない者について、「財務会計士(仮称)」にする方向性などが示されている...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成22年8月9日号

平成22年8月9日号