納税環境整備に関する研究会が意見等を整理、GビズIDとe-Taxの連携での留意点等まとめる

2023年11月20日 税のしるべ

税務手続のデジタル化の推進や納税におけるコンプライアンスの確保について議論してきた財務省設置の納税環境整備に関する研究会(座長=岡村忠生京都大学名誉教授)は14日、主な意見等を整理して公表した。申告…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

国税庁2

関連記事

ページの先頭へ