電子版限定「速報ニュース

令和元年分の確定申告、所得税はスマホ申告等が伸びる、個人版事業承継税制は適用ゼロ

2020年06月26日 税のしるべ電子版

 国税庁は6月26日、「令和元年分の所得税等、消費税及び贈与税の確定申告状況等について」を発表した。今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から申告・納付期限が4月16日まで延長されたことに伴い、4月末日(平成30年以前は翌年3月末日)までに提出された申告書の情報となる。

 それによると、所得税等の申告書を提出した人は前年比0.8%減の2204万1000人だった。このうち、自宅等から確定申告書等作成コーナーを利用してe-Taxで申告書を提出した人は前年の約1.5倍の195万人、自宅等から「スマホ申告」をした人は前年の約4倍に当たる47万3000人となり、新型コロナの影響もあってか税務署を訪れる必要のない方式による申告が大きく伸びた。

 また、贈与税の申告状況によると、令和元年度税制改正で創設された個人版事業承継税制を適用した贈与税の申告書等の提出は0件だった。

 同庁発表の確定申告状況等はこちら

ページの先頭へ