仙台局・30事務年度の相続税調査状況、実地調査が7.5%、簡易な接触は28.7%それぞれ減少

2020年01月13日 税のしるべ

仙台国税局はこのほど、平成30事務年度における相続税の調査等の状況について公表した。相続税の実地調査は、28年に発生した相続を中心に、国税局および税務署で収集した資料情報等から申告額が過少であると想…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

関連記事

ページの先頭へ