図表あり

 被相続人の相続財産であるさまざまな土地について、すべえ長男が取得するとした場合、各土地をどのように評価すればよいかを理由も添えて正解が導き出せることを目的に、土地評価の1丁目1番地ともいえる「土地の評価区分(評価単位)」を研修項目に取り上げることにしました。土地(宅地、農地、山林、原野、雑種地を主にします。)の評価区分(評価単位)の判定に係る基本的な評価通達の定めから解説し、その応用、そして評価通達や実務問答集にも掲載されていない法令解釈等についても可能な限り取り上げます。


【日時】

令和元年9月3日(火)9:30~16:30


【会場】

東京トラック事業健保会館大会議室
(東京都千代田区四番町5-7)


【講師】

税理士・笹岡 宏保
平成3年笹岡会計事務所設立。各税理士会の「統一研修会」等の資産税講師、民間研修機関の講師としても活躍。


【受講料】

1名につき18,000円(税込み、レジュメ代等を含む)
※「税のしるべ」または「国税速報」の購読者は割引価格14,400円(税込み)


【申込先】

当協会ホームページのメールフォームよりお申し込みください。FAXをご利用の方は、セミナーに参加の旨、住所、氏名(会社名)、連絡先、本紙購読の有無をご記入の上、FAX番号(03―3829―4004)までお送りください。

【問合先】

一般財団法人大蔵財務協会
TEL 03―3829―4150


 ※セミナーの申込みなどはこちら

令和元年8月26日号

令和元年8月26日号