原処分庁から、納税者Mなど各滞納国税に係る第二次納税義務の各納付告知処分を受けた請求人が、各処分について、同族会社である請求人の発行する株式の適正な時価を反映して算出されたものではなく、国税徴収法(徴収法)第35条≪同族会社の第二次納税義...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成30年8月6日号

平成30年8月6日号