平成7年度予算編成で細川内閣は消費税を改め、税率7%の国民福祉税創設、増加財源をもって所得税中心の6兆円減税と財政健全化を図る構想を発表した。しかし、与党の社会党、新党さきがけの反対で構想は消滅、7年度に6兆円減税実施、その財源は9年度か...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成30年2月26日号

平成30年2月26日号