請求人が任意組合の事業の運用損益の計算において費用として計上した雑費が架空のものと認められるとして、原処分庁が請求人の法人税の更正処分および重加算税の賦課決定処分をしたのに対し、請求人が、そのうち重加算税の賦課決定処分の全部の取消しを求め...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成29年12月18日号

平成29年12月18日号