京都市はすべての宿泊施設の利用者を対象に課税する宿泊税を平成30年10月をめどに導入する。先ごろ行われた市議会で条例案が可決成立した。条例案では、一泊当たりの課税額は宿泊料金が2万円未満の場合で200円、2万円以上5万円未満で500円、5...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成29年12月18日号

平成29年12月18日号