民法に規定が置かれたものの、さまざまな理由により、実際には、ほとんど利用されていない制度がある。
 「終身定期金」(民法689条)、「相続回復請求権」(同法884条)、「財産分離」(同法941条)といった制度は、現在の実務でほとんど見かけ...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成29年9月11日号

平成29年9月11日号