政府が推進する「働き方改革」で長時間労働が是正されると、残業代が年間で最大8兆5000億円減少するとの試算を民間シンクタンクの大和総研が発表した。この金額は雇用者報酬の3%に相当するという★税の観点から考えると、残業代が減少し、雇用者報酬...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成29年8月28日号

平成29年8月28日号