原処分庁が請求人の事業所得の金額を算定するに当たって採用した資産負債増減法は、推計の基礎事実が正確に把握されていないことなどから、請求人がその推計方法には合理性がないとして、所得税の更正処分などの取り消しを求めていた事案で、国税不服審判所...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成26年11月24日号

平成26年11月24日号