航空券連帯税は、国境を越えての経済活動に課税し、途上国向けに活用する国際連帯税の一つで、平成18年にフランスが初めて導入した。現在は韓国やチリなど9カ国が導入しており、税収はUNITAID(途上国のエイズ・マラリア・結核の治療を支援する国...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成26年10月13日号

平成26年10月13日号