請求人の共同相続人の一人を原告とする貸金請求訴訟で、原告の請求を棄却する旨の判決が確定したことにより、相続財産として申告していた貸付金が存在しないこととなったため、相続税法第32条≪更正の請求の特則≫第5号および相続税法施行令第8条≪更正...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成26年6月30日号

平成26年6月30日号