栃木県の地方税徴収特別対策室が35億円の徴収を目指す

2011年08月08日 税のしるべ

栃木県は平成19年度から、県と市町が個人の住民税を中心に滞納整理を協働で行うことにより、税収の確保と事務執行能力の向上を図ることを目的に「地方税徴収特別対策室」を設置しているが、23年度は35億円以…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

関連記事

ページの先頭へ