国際源泉所得税の調査で課税漏れが269億円、追徴41億円

2010年11月22日 税のしるべ

国税庁は経済の国際化に伴い、企業が非居住者や外国法人(非居住者)に特許権の使用料、不動産の賃貸料などを支払うケースが増加していることから、こうした国際的な取引に対する源泉所得税(国際源泉所得税)につ…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

国税庁2
ページの先頭へ