法人税法では、課税標準である各事業年度の所得の金額の計算要素である当該事業年度の益金の額(損金の額)について、「内国法人の各事業年度の所得の金額の計算上当該事業年度の益金の額に算入すべき金額は、別段の定めがあるものを除き、資産の販売等...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成30年12月3日号

平成30年12月3日号