広島国税局がこのほどまとめた管内(中国5県)の平成29年度租税滞納状況によると、新規滞納の抑制や厳正な滞納処分を行った結果、年度末の滞納残高は198億6500万円と前年を1・6%下回り、19年連続で減少。残高はピーク時(7年度615億円)...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成30年9月10日号

平成30年9月10日号