平成28年度税制改正では、特定譲渡制限付株式(いわゆる「リストリクテッド・ストック」)に関する税制上の措置が行われるとともに、利益連動給与の算定指標の範囲等の明確化などの措置も講じられました。セミナーでは、これらの措置の法人税及び所得税の取扱いについて解説するとともに、会社法等における法務についても解説。税務実務家必携のセミナーです。


【日時】

 平成28年12月8日(木)13:30~16:30


【会場】

 中央大学駿河台記念館430号室


【講師】

 税理士・櫻井光照
 国税庁法人税課審理係、東京国税局法人税課審理係長、同局同課課長補佐、同局審理課課長補佐、同局国税訟務官室国税訟務官、同局調査一部特別国税調査官、国税庁税務大学校研究部・教授等を経て、25年3月税理士登録。


【受講料】

 1名につき14,000円(テキスト代等を含む)
 「税のしるべ」または「国税速報」の購読者は割引価格となります。
 ◇購読者でテキスト持参 8,000円    
 ◇購読者でテキストなし 11,200円    
 ◇未読者でテキスト持参 10,000円    


【テキスト】

 「平成28年版株式報酬の税務と法務」(平成28年9月刊/大蔵財務協会)


【申込先】

 セミナーに参加の旨、住所、氏名(会社名)、連絡先、テキストの有無、本紙購読の有無等をご記入の上、FAX番号(03―3264―2187)までお送りください。


【問合先】

 一般財団法人 大蔵財務協会
 TEL 03―3265-4145


 ※会場へのお問合わせはご遠慮ください。


 同セミナーの申込みなどはこちら

平成28年11月14日号

平成28年11月14日号