相続税法の改正により、平成27年1月から基礎控除の引き下げなど、資産家・高額所得者にとって厳しい改正が実施されます。本セミナーでは、各種資産税及び事業継承に関するコンサルティング業務のエキスパートである坪多氏が、「不動産管理会社を活用した税務対策」のほか、「土地有効活用の手法の紹介とその効果」「不動産贈与の基本、収入移転、有効活用収入の変換対策」「もめないための生前対策と相続発生後の分割による相続税対策や納税対策」――など、相続税増税時代への対応策として不動産所有者の相続対策全般についてノウハウを伝授します。

日 時 平成26年11月5日(水)13:30~16:30

会 場 中央大学駿河台記念館
(東京都千代田区神田駿河台3-11-5)

講 師 税理士 坪多晶子
税理士法人トータルマネジメントブレーン代表社員。㈲トータルマネジメントブレーン代表取締役。近著には「相続・相続税 幸せを遺す知恵」(大蔵財務協会)等がある。

受講料 1名につき1万3000円(テキスト代等を含む)※「税のしるべ」「国税速報」の購読者は割引価格1万400円。

テキスト 「必ず見つかる相続・相続税対策 不動産オーナーのための羅針盤」(平成26年10月/大蔵財務協会刊予定)

申込先 セミナーに参加の旨、住所、氏名(会社名)、連絡先、本紙購読の有無をご記入の上、FAX番号(03―3264-2187)までお送りください。

問合先 一般財団法人 大蔵財務協会
TEL 03-3265-4145

※会場へのお問い合わせはご遠慮ください。

平成26年10月13日号

平成26年10月13日号