ご愛読いただきました「増税直前!今知っておきたい相続対策12章」「税理士のためのマーケティング講座 中小企業経営支援に欠かせない視点と考え方」は、今号をもって終了いたします(「事例で分かる同族会社のための税務」「タックス・ラウンジ」「やさしい税務相談室」「やまと(倭)古代国家の黎明」「economicパズル」は継続します)。10月6日号からは、以下の連載を開始します。引き続き、ご愛読いただきますようお願い申し上げます。 税のしるべ編集部


税務調査最前線~国税通則法の改正を踏まえて 
税理士 武田 恒男

 改正国税通則法が平成25年1月1日から施行されて間もなく2年になろうとしています。連載では、税務調査手続の基本的な考え方、課税当局の税務調査に対する姿勢など、税務調査手続上のポイントを解説します。


~初めて相続準備をする人のための~財産評価の基礎知識
税理士 土橋 令

 相続税改正の施行を目前に控え、相続対策に不安を感じている人も多いでしょう。しかし、実際には減税措置や非課税措置があるので、基礎控除を超えても相続税が掛からないケースも多くあります。そこで、自分の相続財産の評価額がどのくらいなのか気になるところです。連載では、「土地」の財産評価をどのように行うのか、初めての方でも分かるよう基礎から詳しく解説していきます。

平成26年9月29日号

平成26年9月29日号