「税率の異なるごとの区分経理」に、事業者が円滑に対応できるよう、区分経理をすることができない中小事業者(基準期間におけ...
軽減税率制度実施後も消費税額の計算方法は現行の計算方法(売上税額-仕入税額)と基本的に変わりませんが、軽減税率制度が実...
(1) 記載事項の具体的なイメージ  区分記載請求書等保存方式における帳簿及び請求書の記載事項と記載イメージは、それぞ...
軽減税率(8%)の導入に伴い、複数税率に対応した仕入税額控除の方式として、令和5年(2023年)10月1日から「適格請...
軽減税率(8%)が適用される取引かどうかの判定は、事業者が飲食料品を販売する時点(取引を行う時点)で行うこととなります...
(1) 包装材料等  飲食料品を販売(譲渡)する際に使用される包装材料や容器(以下「包装材料等」といいます)が、その販...
(1)「外食」の取扱い  「外食」とは、(1)飲食店業等を営む者がテーブル、椅子、カウンターその他の飲食に用いられる設...
(1)「一体資産」とは、詰め合わせ商品など、食品と食品以外の資産があらかじめ一の資産を形成し、又は構成しているもので、...
軽減税率の対象品目は、酒類・外食を除く「飲食料品」と、週2回以上発行される新聞のうち、「定期購読契約に基づく新聞」です...
現行の消費税率は6.3%(地方消費税が消費税額の17/63課され、消費税率換算で1.7%となり、合計税率で8%)の単一...