徳川家宣は、寛文2年(1662)に家光の三男の徳川綱重の長男として生まれました。宝永6年(1709)に綱吉が亡くなり、...
江戸幕府初期から続いた豊かな鉱山収入も、この時期に減少し、幕府財政の収入減に繋がりました。また、明暦の大火後の江戸城や...
貨幣経済の発達に伴い、江戸は100万都市に、京都と大阪は30万人規模の都市に発展し、各地の城下町も繁栄して、町人の経済...
綱吉が家綱から引き継いだ遺産は100万両に欠けていたと考えられますが、金蔵の金銀は、相変わらず1年に約10万両のペース...
延宝8年(1680)に家光の長男、四代将軍家綱に跡継ぎがなく40歳で死去したため、四男の館林藩主綱吉が五代将軍に就任し...
俸禄は家禄と職禄の合計です。家禄とは、先祖の功によりその家に対して支給される基本給みたいなもので子孫に世襲され、職禄と...
慶安4年(1651)に家光が48歳で死去すると、家綱が11歳で四代将軍に就任し、将軍世襲制が磐石なものであることを世に...
家光の浪費を貨幣経済という観点から見ると、実は大いにプラスに働いたと考えられています。  家康から家光の時代にかけて三...
三代将軍家光は、寛永9年(1632)1月に大御所秀忠が死去すると、「余は生まれながらの将軍で、諸大名は家臣である」と宣...
鎖国とは、キリスト教国の人の来航及び日本人の東南アジア方面への出入国を禁止し、貿易を統制、管理した対外政策であると理解...
徳川秀忠は律儀さを強調する逸話が多く、家康と家光の間で軽視されてきた感じがありますが、元和9年(1623)に将軍職を家...
徳川家康は、慶長8年(1603)に征夷大将軍に任ぜられ、江戸に幕府を開きました。江戸時代の政治体制はいわゆる幕藩体制と...
豊臣秀吉は大阪城や伏見城に莫大な財産を残しましたが、大坂夏の陣で大坂城が焼け落ちた際に、書庫にあったと思われる記録や文...
徳川幕府の支配体制は、最高権力者としての征夷大将軍と、それに臣従する大名、旗本、御家人があり、それぞれに陪臣が臣従した...
幕府において財政を担当していたのは、勘定所と呼ばれる組織で、江戸城内の御殿勘定所と大手門番所裏の下勘定所とがあり、トッ...
温故知新とは、「古きをたずねて、新しきを知れば、以って師と為るべし」と訓読される論語の一節で、一般には、「昔のことをよ...