平成30年度税制改正では、森林吸収源対策に係る地方財源を確保するため森林関連法令の見直しを踏まえ、森林環境税および森林...
平成30年度税制改正では、今後、さらに増加する観光需要に対して高次元で観光施策を実行するために、観光促進のための税とし...
経済社会のICT化等を踏まえ、政府全体として行政手続の電子化を進めている。しかし、国税の電子申告の普及については、平成...
平成30年度税制改正では、年末調整手続の電子化に向けた見直しが行われる。  現状の年末調整の保険料控除の申告では、給与...
2 公的年金等控除の見直し  給与所得控除・公的年金等控除から基礎控除への振替えにより、公的年金等控除が10万円引下げ...
平成30年度税制改正では、29年度税制改正における配偶者控除と配偶者特別控除の見直しに続き、第2弾となる所得税改革が行...
公益法人改革の一環で平成20年12月から設立できるようになった一般社団法人と一般財団法人は、登記だけで設立ができ、株式...
平成27年1月から基礎控除が従来の6割にまで引き下げられるとともに、最高税率が引き上げられるなど相続税の課税が強化され...
中小企業経営者の高齢化が進む一方、その半数以上で事業承継の準備が終わっていないとされ、このままでは中小企業の廃業が増加...
企業内外のデータを連携・高度利活用することにより、生産性の向上を図るなど、「生産性向上の実現のための臨時措置法(仮称)...
中小企業の投資を後押しする大胆な固定資産税の特例が創設される。  投資の要件は、①市町村の計画に基づき中小企業が実施す...
所得拡大促進税制は中小企業向け、大企業向け、ともに基準年度との比較要件を撤廃するなど、その要件を見直すこととしている。...