二 平成30年以降の相続等における対応   (3)事例検討に関するまとめ(承前)  たまたま、筆者が相談等を受けていた...
二 平成30年以降の相続等における対応  (2)具体的事項(事例検討)  <説明>・≪ケースC≫について(承前)(.....
二 平成30年以降の相続等における対応  (2)具体的事項(事例検討) <説明>(承前) ≪ケースB≫について  イ ...
二 平成30年以降の相続等における対応   (2)具体的事項(事例検討) 【事例2】  2以上の地域等にまたがっている...
二 平成30年以降の相続等における対応(承前)  (2)具体的事項(事例検討)  事例によって、規模大地の評価に関する...
二 平成30年以降の相続等における対応 ≪参考≫ 専門機関による調査結果(承前)  b さらに、地積規模の大きな宅地に...
二 平成30年以降の相続等における対応  (1)基本的事項(承前)  ロ 規模大地の評価も、他の一般的な土地評価と同様...
二 平成30年以降の相続等における対応  (1)基本的事項(承前)  イ 評価対象地の現地確認等の確実な実施など、的確...
一 平成29年中における対応(承前)  前号において触れた国税庁が示した対応方針は、一般論を述べたものに留まっている。...
≪改正通達の概要④≫  三(承前)  ❷の点について、情報は、改正前の広大地の評価に関する定めは「定性的(相対的)」な要...
(3)規模大地の該当要件   イ 路線価地域  評価対象地が所在する地域等に関して、次の三つの地域等が要件になっている...
ニ 改正内容(承前)  (2)改正事項のポイントは、次のとおりである。    ①規模大地の判定が簡単化された。すなわち...
一 はじめに  広大地の評価方法の見直しに関する財産評価基本通達の一部改正通達が、平成29年9月20日付で発遣され、1...
ニ 広大地評価の沿革(承前)  (3)沿革に関するまとめ  財産評価基本通達における広大地の定めは、❶その該当性に関す...
(承前)  標準地の公示価格水準の価額を評定し、さらに、標準地間及び路線ごとの価額バランスを確保しつつ、面的な評価に広げ...
はじめに   「平成29年度税制改正大綱」に示された財産評価基本通達に係る「広大地評価の見直し」の改正通達が、近日中に...